FC2ブログ
ようこそ秘密のポエムへ
このブログについての説明やらご挨拶のページがない事に最近気づきまして
今更ですが作ることにしましたが

お急ぎの方は詩へ直行してください

気にしてくださった方は続きへお願いします

※詩の無断使用はご遠慮ください

※フリー素材についてはこちらをお読みいただいて、ご使用ください

※詩作は時々でゲームが趣味なのでたまにゲームブログさんに足跡を残してしまいますが
 気にしないでください

スポンサーサイト



お知らせです
お知らせコーナーを作ってみました
今後はここに何かお知らせする事があれば書いていこうと思います
詳しくは続きへ

2019.07.16更新 BGMを削除しました

枯れた泉
もうここに水はない
いつまでもひび割れた地面を眺めていても
もうそこに意味はない

溢れ出るように湧いた水は
二度と戻ってはこないだろう

それでも諦めきれずに
この淵に立って待ってみたところで
泉は枯れてしまった

乾いた風が虚しく吹き続けるこの場所
今の私にはもう取り戻す力はない

それが切ない
もう 終わってしまったのだ
ここには何もない

もう立ち去らなくては…

それでも記憶が私を呼ぶ
忘れてしまっていいのかと
後悔はしないのかと
失ってしまっていいのかと

でもどれだけ願おうが望もうが
泉は枯れてしまった

現実を受け止めなくては
もう変わってしまったのだ
昔のままではいられない

時は流れていく


END

卒業写真
ダメだったよ
結局ダメだった

あなたとすれ違って
もうあれは過去になったのに

いろんな人と出会ったよ
話して関わって
あなたを忘れると思っていた

時が経てば思い出だけになるはずと
あの頃は思っていたのに

心の中で思う事も
夢で逢う事すら禁じて
あなたをかき消すつもりだったのに

ちゃんと卒業するつもりだったのに


こんなに時が経っても
あの時の手の感覚
まだ覚えてるよ

泣くはずなんてないと思ったのに
この曲を聞いたら
止められなかった 涙

忘れたと思ったのに
どうしてこんなに鮮明に覚えてるの?

バカだよ 私は
本当に バカ

ただの子供の頃の恋なのに…


END

08/03. 00:57 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
架空じゃなければ
「ねぇ その言葉もう一度言って?!」

思わず心の中で叫んだ
自分と同じ事を考えてる人をみつけた

「ねぇ その話もっと詳しく聞かせて!」

相手の肩を鷲掴みしそうな勢いで
彼に興味を抱いた

もっと もっと知りたかった
もっと もっと話を聞きたかった

やっとみつけたのに
同じ想いの人にやっと出会えたのに

何故だろう
あぁ 何故なんだろう

それが架空の人物なんて

何も聞けない 何も話せない
彼は実在しないのだから

END

06/22. 23:59 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
どっちつかず
暗黒の底まで落ちているような
そんなダークな私でもなく

でも優しい言葉だけで飾り立てるような
キラキラな私でもなく

どこまでも どこまでも
私は私で 平行線で

人は皆それぞれ違うんだって事
今更感じてしまう

私と同じ人間なんてのは
いないのが当たり前なんだ

いるもんだと思っていた事が
間違いだったのだ


ただ我儘を言うと
集まりの一人でいたかった

でも何度読み返しても
ここは違う ここも違う

どこも場違いだと感じてしまう


END

傷ついた部屋
私は私
他の誰でもなく同じ人はいない

私は私の世界を
ずっと大事に守ってきた

これは誰にも真似できない
私の過去と今が織り上げたもの

なのに どうして
それを奪われないといけないの?

私の世界は私だけのもの
誰かの為のものじゃないのに

どうして どうして
こんなことをされないといけないの?

富も名声も私は求めてないのに

誰かの名声の為に
私の世界はあるわけじゃない

END

どうか…もう一度だけ
もう一度
もう一度笑ってくれませんか?

もう一度その笑顔を…

いつも何かに思い詰めてるあなたの
その輝く瞳が
何よりも愛おしくて

お願いです
どうか…もう一度だけ

もう悲しんでほしくない
苦しんでほしくない

あなたには幸せになってほしいのに
何もできなくて

その笑顔が
他の誰かの為でも

それでも忘れられない

だからもう一度
もう一度だけ笑ってください

END

05/22. 20:30 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
私は歌う
私の心 私の魂
私の叫び 私そのものを

真似っこしかできない
自分の世界も作り出せない
偽吟遊詩人なんかに
私の歌は負けない

さぁ 胸を張って
泣いてなんかいられない

今すぐ
ステージに立つの

END

私と私
分かってる 隠してるのは私
仮面を被り鎧を着て 女優のように演じて

でもこうなったのは 私のせいじゃない
それなのに・・・

どうして こんなにも
心と顔は正反対なのだろう
隠したくて隠したわけじゃない
こうなりたかったわけでもない

私と私がかけ離れていく

もう隠したくない

「あなたはこうだね。」と分かったような口で
私を決定付けていく人達

もう嫌だ
「それは私じゃない。私はそんなんじゃない。」
笑顔でいながら心で叫ぶ日々

いつまで続くの?

「おまえはこうなんだから、こうするのが当然。」
そう言われるがままに生きていく毎日

ただ・・・「はい。」
そう言い続ける毎日

私は

私には声も心もあるのに

どうしてこんなにも何も言えないのだろう


私と私がかけ離れていく 引き裂かれていく

もう戻せない


END

灰色
乗り越えたわけでもなく
かと言って 絶望ばかりでもなく
でも希望を掴んでるわけでもない

隣ではキラキラと輝いた人がいた

「私は乗り越えました」
「絶望が希望になりました」

そう言ってニコニコ笑顔な人がいた

苦悶も絶望も希望も
みんなみんな中途半端にあって
散らかったままな私は

そんなにいけない存在ですか?

黒から白に必ず変わらないといけませんか?

私はあなたみたいに笑えない
そんなに自信満々に笑えない

それがそんなにいけないことですか・・・

END

枯れ木
後ろから抱きしめられて微笑んだり
ふとしたマジックで指輪を見せられたり
手を繋いだり
見つめあったり

そんな当たり前の風景も
まるでモノクロ写真のようで
傍に寄るあなたの胸を離してしまう

まともな恋もしてこなかったのに
いざ目の前にあると恋愛ごっこのようで
なにもかもが砂のように乾いてしまう

いつからこんな自分になったのか
気づかないまま走り抜けて
愛という字も忘れてしまった

あなたを傷つけたいわけじゃない
あなたを愛してないわけじゃないのに
あなたの優しい手も煩わしい

どうしたらいいの?
どうすればいいの?

もう分からない
大事なものを落としてしまった

落ちた事にも気づかないまま

END


忘れないと
あなたを消してしまわないと
その姿も声も 感じた空気も 触れた肌も
全部全部 私の頭から消してしまわないと

過去に囚われてる 過去は生きられない
そんな言葉ばかり言われても

分かってる そんな事は分かってるの

ずっとずっとあなたを想うわけにはいかない
そんな事をしたら私は永遠に独り

独りで生きる勇気なんてない 私にはない

それでも それでも
どうして どうして忘れないといけないの
そんな言葉ばかり溢れてくる

もう形にもならない思い出しかないのに
それも捨てないといけないなんて

できない できない そんなことできない

それはあなたが私の目の前で
塵になって風に飛ばされてしまうのと同じ

それはあなたがこの世界から消えてしまうのと同じ

できるわけがないのに
時は流れていく

だから ただ ここに立って
私は泣くだけ

進むことも戻ることもできずに
ここに立って ただ 泣くだけ


END

03/06. 01:36 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
幻追いかけるだけ



地平線に落ちる夕陽が見てみたい
とても懐かしいような気がするから

広がる空 輝くオレンジ 浮かび上がる雲
どこまでも自由だって
どこまでも行けるって

地球は美しくて 希望があふれてる
私は生きてる 実感できるはずって
画面越しの景色に憧れ抱いて
風を肌に感じれるぐらい想像できるのに

何故だろう
現実はそんなに単純じゃなくて
私はただ画面の前でため息つくばかり

きっと本物の景色を眺めても
何も感じないだろう

私はいつも写真を 絵を 空想を求めてる

どこまで行っても
どこまで想いを募らせても
それはいつも幻

ただ夢を追いかけてるだけ
現実じゃなく幻を追いかけてるだけ

いつまでもたどり着けない
楽園を追いかけてるだけ

END


※写真はPixabayよりお借りしています
保存、直リンクはしないでください
加工はご自身でお願い致します

英雄になれる?
誰も見ていない
誰も気づいていない
誰も感じていない

あの人に誰が声をかけるだろう?

関りがない
関係ない
知らない
分からない
見ていない

それは本当に?

自分が大事なのは当たり前
犠牲になりたい人なんていない

誰かが言う

「なんで助けないんだ?
 あいつらは最低の人間だ」

まるで知っているように言う
当たり前のように言う

「俺なら助ける。あんな事はしない。」

それは本当に?
今度の標的はあなたになるのに?

自分はならないとでも?
誰かが助けてくれるとでも?

人はそんなに優しくない

誰も関わりたくない
面倒な事は背負いたくない

自分が犠牲になるなんて・・・論外

映画のような英雄に全員がなるなんて

そんな夢物語
いつまで信じているの?

END

01/14. 22:53 [ 暗い心 ] CM0. . TOP ▲