ようこそ秘密のポエムへ
このブログについての説明やらご挨拶のページがない事に最近気づきまして
今更ですが作ることにしましたが

お急ぎの方は詩へ直行してください

気にしてくださった方は続きへお願いします

※詩の無断使用はご遠慮ください

※フリー素材についてはこちらをお読みいただいて、ご使用ください

スポンサーサイト
お知らせです
お知らせコーナーを作ってみました
今後はここに何かお知らせする事があれば書いていこうと思います
詳しくは続きへ

2017.3.4更新 更新について

出会い

二つの時間

お互いの存在なんて知らなかった
顔も名前も
いつ産まれていたかも

それなのに・・・
あなたの手に触れて
その声を聴いただけで

別々の時間が一つになる
重なり合う時間
ばらばらだった針が
同じ時を数え始める

何も知らない
ほんの数秒前までは
あなたの存在さえ知らなかったのに

今はもう違う
私の時間の中にあなたが流れ込んでくる
日々の流れを少しづつ変えていく

誰もいない席にあなたが座り
何も聞こえなかった耳があなたの声を聞く
感じていなかった温もりをこの手が包む

どこまでも混じりあって
あなたの存在が私の全てになる

あなたの時間が私の時間を
あなたの存在が私の存在を
変えていく

END


※写真はPixabayよりお借りしています
保存、直リンクはしないでください
加工はご自身でお願い致します

10/09. 22:18 [ ] CM0. . TOP ▲
過去なんていいの
そんなに謝らないで
そんなに悲しい眼をしないで

私は大丈夫

完璧なあなたなんて
最初から望んでなかった

人それぞれの人生でしょ?
誰にだっていろいろあるわ

あなたはただ少しだけ・・・
周りより過激なだけ

そう その程度の事よ
その顔は?驚いているの?
私が逃げると思ってるの?

私の方があなたよりタフなのね

ねぇ 泣きそうな顔をしないで

あなたは優しい人
ただ素直に生きれなかっただけ

あなたの周りがあなたを変えた
そこから逃げてきただけ

今のあなたが本当のあなた

ねぇ 顔を背けないで
私を見ていいの

あなたの瞳が何を映していたとしても
同じ瞳で私を見つめて
今までと同じように

愛を語って
真実だと知っているから

その手で抱きしめて
汚れていてもいいの

私が望むのはあなたの無事だけ

何もかも背負うのはやめて
私は傍にいる
そのことを忘れないで

END

09/23. 00:53 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
恋の条件
私はあなたと違うから
そんなに執着はできないの

たとえそれがストレスでも
私は傍を離れるだろう

何事もなかったように
涙すら見せないで
何も言わずに
あなたから去るの

ごめんなさい

冷たいやつだと言っていいの

私の人生はそんなことばかりだから
悪い癖が治らないだけ


普通の人のように執着できないの

ちょっとしたサインが引き金になって
私の足はどんどん歩いていく
あなたの傍から離れていく

駆け引きなんてない
思わせぶりな態度でもなく
私は離れていくだろう

涙を流すとか
別れを嘆くなんて言葉は
私にはないから

心がない女だと思ってもいいの

もう自分でも諦めてるから

ねぇ それでもあなたは私を求めるの?
ねぇ それでもあなたは私を引き留めるの?

END

09/18. 18:11 [ 恋寂 ] CM0. TB0 . TOP ▲
曖昧な距離
深く知り合うこともなく
常にいるわけでもない

今度はいつ会えるのかさえ
分からない

それでも何故か巡り合う

曖昧で不確かな出会い

でも感じるお互いの存在
触れなくても
ただ見つめるだけで

決して消えることのない絆と
信じられる


そんな

そんな あなたに会いたい

END

09/12. 00:55 [ ] CM0. . TOP ▲
求めるもの
あなたの
その手に触れていたい

あなたを
この瞳にずっと映していたい

あなたを感じていたい

この世界のどこかではなく

この手が触れる
すぐ傍で
あなたを感じていたい

その息遣い
その声を聴いて

ただ あなたがいるという
今を感じていたい

いつか消えてしまう不安定さではなく

確かな安心感のまま
あなたを当たり前に感じていたい

ねぇ 悩まないで
何か気の利いた言葉を言おうなんて

無理に格好つける必要なんてない

ただ そう ここにいて
私の瞳にあなたが映る
それだけでいいの

私が求めるものはそれだけ

ねぇ 傍にいて
私を離さないで

ただ私はあなたといたいだけ

ただそれだけ



ねぇ 
それだけじゃ だめなの?

END

07/17. 23:43 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
片づけられた人達
数文字の言葉
それで片づけられた人達

何も知らない
名前も顔も知らない
そんな人から
数文字で片づけられた人達

何を感じ
どんなふうに生き
何が好きで何が嫌いで
どんな環境か
どんな性格か

何も何も知らないのに
たった数文字の名札を付けられ
一つにまとめられて

理解できないと嫌悪される

もう今はいないのに
いなくなってしまったのに
それでも・・・まだ言われる

そんな事をする権利が
あなたの・・・
いったいどこにあるの?

END

片想い
あなたがどんな見た目であろうと
その姿が恐ろしいとしても

それでも あなたに触れていいですか?

器用とは言えず
大雑把で無口で

でも あなたのその燃える心が
私は好きです

自己中心的と誰かは言うかもしれません

それでも
ただ ただ 愛する人を見つめるあなたの瞳が
私は好きです

嘘もなく駆け引きもなく
そのままの気持ちのまま想いをぶつけ
どこまでも正直で純粋なあなたの愛が
私は好きです

あなたのような人が
私のそばにいたら
どんなにいいかと・・・

あなたのような愛が
私のそばにあれば
どんなにいいかと・・・

あなたが愛した人は
あなたの正直さも純粋さも必要ではなく
あなたを利用しただけだったけれど

私は・・・
私は・・・そんなあなたが好きです

でもあなたの瞳は
どこまでも彼女のもの

失った今でも
あなたの心は彼女のもの

嘆く涙もすべて
彼女のもの

それでも
あなたのその涙を
受け止めてもいいですか?

震える背中に触れてもいいですか?

引き裂かれた心を抱きしめてもいいですか?

あなたの全てが彼女のものでも

今は私を利用してください

あなたの傷を癒すために
あなたの心を休めるために

あなたがもう一度
他の誰かを愛せるように

今は私を利用してください

そしていつまでも いつまでも
あなたはあなたのまま

その燃えるような心と
曇ることのない瞳で

愛を貫いてほしいのです

どうか私を利用してください

私を・・・私をあなたのそばに

置いてください

END

06/20. 00:19 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
近づけば離れたくなる
分かり合えば無視したくなる

寄り添えば寄り添うほどに
逃げたくなる

求めたのは私なのに
近づいたのは私なのに

息が詰まる
縛られた感覚

寂しいと思ったのは幻だったのか・・・

気が付けば
また逃げ出した

悪いのは自分と分かってる
縄をかけるのは私
手も足も心も自分で自分を縛っていく

そんなつもりはなかったのに
なんでこんなにも
私は私を縛るのだろう

やらなければ・・・
しなければ・・・
頭の中はそんなことばかり

ただ普通に話したいだけ
ただ普通に傍にいたいだけ

求めている事は単純なのに

私には・・・できない・・・

END

闇に囚われても
あなたの優しさが
まだ心のどこかにあると願い
そっとその頬に触れる

本当のあなたは優しい人
そうなんでしょ?

長い年月があなたを変え
その手が血にまみれても

その憎しみと等しくある
絶望や悲しみを癒したくて
あなたの手を握る

犯した罪は消えない
逃れることはできない
許されることはない

そう分かっていても
どこかあなたを連れ
どこか遠くへ

復讐は忘れてほしい
本当のあなたを汚すだけだから
どうか気づいて

昔を思い出して
もう一度新しい未来を築いて
温もりと優しさで溢れた生活

あなたが本当に求めていたもの

私はあなたに幸せを感じてほしい
遠く忘れられた感情をもう一度あなたに

世界があなたを拒んでも
あなたの手を握っていたい

END

03/11. 01:08 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
今を永遠に

星空の下

何もかもが美しくて
涙が溢れる
あなたの優しい笑みも
そっとささやく声も

それでも時は流れて
今この時も過去になっていく

こんなに幸せなのに
また別れがくると思ってしまう

お願いだから
このままを永遠に閉じ込めてほしい
時が止まって
ずっと閉じ込められてしまいたい

あなたのその瞳の輝きが
薄らいでしまう前に
私達二人この場所に

時は残酷だから
やがて私達も他の人達のように
求めあうこともせず忘れて
まるで別人のように
他人同士になってしまう

あなたを見れば見るほど
涙が止まらない
今を永遠にしたい

「大丈夫 離さないよ
 僕らは別れたりしない」

あなたの優しい言葉を
聞けば聞くほどに
失うことが怖くなるの

だからお願い

今を永遠に

このままここに閉じ込めて

END

※写真はPixabayこちらよりお借りしています
保存、直リンクはしないでください
加工はご自身でお願い致します

03/02. 15:12 [ 恋寂 ] CM0. . TOP ▲
止まった時計

止まった時計

昔 昔に止まった時計
もう何年も動かないまま

どんどん錆びて
もうきっと直らない

時計だけが
時間の中で置いてけぼり

違う家 違う部屋
違う場所 違う景色

移ろった時の中で
時計はまだじっとそこにある

もう誰も手が届かない場所
もう誰も使わない

持ち主に忘れられた時計は
ただじっとそこにあるだけ

END

※写真はPixabayこちらよりお借りしています
保存、直リンクはしないでください
加工はご自身でお願い致します

03/01. 15:01 [ 暗い心 ] CM0. . TOP ▲
ずぶずぶ進む

ずぶずぶ進む

お前と一緒に走ってきたが
こんな所まで来るなんてな

人生うまくはいかない
そんな事は分かっていたが
まさかこんな所に来るとはな

自分で選んだ道とは言え
こんな場所だったとは・・・

ああ もう文句はやめよう

俺にはお前がいるじゃないか
まだ道は始まったばかり
先が悪いとは決まっていない

多少遅くなるだけさ
ゆっくり行こう
時間が決まってるわけじゃない

これは
俺が決めて
俺が進む旅だ

どんな格好であろうと
辿り着ければそれでいいのさ

END

※写真はPixabayこちらよりお借りしています
保存、直リンクはしないでください
加工はご自身でお願い致します

巡り合い

グミグミ

地球には何億って人がいて
出会うのは当たり前って
よく言うけど

生きてる人全員に会えるわけない
年齢だって違う
住んでる場所だって
性格だって違うんだ

出会いはそんな簡単じゃないよ

そんな世界で
僕らは出会った

沢山の人達の中で
唯一のパートナー
きっと君しかいない

普通なようだけど
とっても特別
奇跡って言っていいよね?

このまま
この出会いを守っていきたい

どうかこれからも
君といつまでも・・・

END

※写真はPixabayよりお借りしています
保存、直リンクはしないでください
加工はご自身でお願い致します

02/26. 15:14 [ ] CM0. . TOP ▲